絶版ラノベを漁誌する

絶版したラノベやそうでない本について書く

電撃文庫

鷲見ヶ原うぐいすの論証

『鷲見ヶ原うぐいすの論証』(電撃文庫)作:久住四季、絵:カツキ 読んだ。物知りで変わり者の少女、鷲見ヶ原うぐいすと頭は良くないが「勘が良い」能力を持つ少年、麻生丹譲。二人は生徒会長、薬歌玲の頼みによって、窓のない洋館、「麒麟館」で催されると…